« パリ、テキサス | トップページ | ドアをノックするのは誰? »

フォロウィング

2

思い入れの強い大好きな映画。
今でもこの映画を見た後の感覚は忘れられません。

冒頭からどんどん引き込まれました。
全編モノクロでスタイリッシュな映像が、
かえって謎や不気味さを引き立てる。

若い監督(クリストファーノーラン)が低予算で
こんな面白い映画が作れるものかと関心しました。
今ではダークナイトの監督をやるまでに
すっかりメジャーに・・・・・

主役のジェレミー・セオボルトがまたいいんです。
ラストシーンの「まるで狐につままれた」ようなあの演技(表情)は
忘れられない。

驚くことにこの映画の撮影の時(1998年)は
ノーラン監督をはじめ、スタッフ、キャストは
皆、定職を持つ社会人だったそうで。
撮影は土曜日に限り行われたそうです。

|

« パリ、テキサス | トップページ | ドアをノックするのは誰? »

洋画【は行】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリ、テキサス | トップページ | ドアをノックするのは誰? »